話題の共有先

2017/12/03

自分の持ってるいろんな側面を、

それぞれ共有できる相手、場、があるといい。

 

どんなに気の知れた相手でも、

自分の要素のすべてで話題をともにできるわけではない。

 

だから、要素ごとに、話題を共有できる相手を分けることになる。

 

そういうフォーメーションが整うと、非常に健康的だと感じる。

 

まだ共有できていない要素があれば、それ用の場を、探そう。